一般的に勃起のトラブルといえばED(勃起不全)を思い浮かべる方は多いでしょう。対処法としての勃起薬に効果的なのか興味がある方もいるはずです。
勃起薬はまたの名をED治療薬、PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬といいます。医療機関で受診して薬局で受け取るか、個人輸入代行業者からインターネットを通して輸入を依頼し、勃起薬を受け取る方法が一般的です。
普通に市場に出回ることがないような、怪しい類の薬では決してありません。

勃起が起こるしくみと勃起薬の効果

性的刺激を受けることによって体内ではNO(一酸化窒素)が発生します。
それによりペニスの細胞内にcGMP(サイクリックグアノシンリン酸)という血管拡張の役割を持った物質が増加することで勃起が起こります。発生したcGMPは勃起を抑制するように働く酵素のPDE5が破壊することによって、血管収縮が起こり勃起がおさまるのです。血管が拡張することによって、ペニスの海綿体へと多量の血液が流入し、海綿体が膨張し、硬くなるというのが勃起のメカニズムです。

勃起薬の作用

PDE5が体内で優勢のままでは、EDになってしまいます。
勃起薬を飲むことによって、体内ではPDE5の作用が抑制されます。勃起の持続を妨げる存在が働くのを封じ込めるようにするために、勃起が促進される効果を得ることができるのです。
尚、勃起薬を飲めば勝手に勃起するわけではありません。自分にそもそも性欲や興奮がなければいけませんし、その上で性的刺激を受けなければ勃起はしないのです。
また薬の作用が持続している期間、ずっと勃起がおさまらなくなることもありませんので安心してください。

効果の発現までにかかる時間と作用の持続時間

勃起薬は即効性に優れているのが特徴のひとつですが、種類によって効いてくるまでに要する時間が違ってきます。
食後30分以降に飲んで15~30分間とすぐに効いてくれる種類の薬もあれば、食後1時間以降に飲んで30~60分間で効く勃起薬もあるのです。また飲んだあと30~60分間で効いてくる薬には、食前に飲める勃起薬も存在します。
作用の持続時間についても4時間や8時間のものや、36時間と非常に続く薬もあります。

勃起薬の効果に影響する要素

一番注意しなければいけないのは、勃起薬には併用禁忌薬が存在することです。
併用禁忌薬というのは、単体で飲めば人体に良い影響を与えてくれますが併用することで人体に悪影響を与えてしまう、飲み合わせの相性が良くない薬をいいます。
例えば元祖の勃起薬と硝酸剤を併用した場合には、血圧が急激に下がって生命を脅かす事態を招いてしまうリスクがあるのです。

食事

勃起薬の種類によっては食事の影響を受けにくい種類もありますが、そうでない薬もあります。
食後に勃起薬を飲むと、空腹時と比較して薬が効いてくるまで長くかかってしまったり薬の効果自体が半減してしまうことがあるのです。人によっては勃起薬が効かなかったと不満をこぼしていますが、多くが食後すぐ勃起薬を飲んだことが原因になっていると言われています。

飲酒

適量の飲酒であればアルコールの精神安定作用によって、勃起薬の効果を引き出すことができるでしょう。
性行為時、過度に緊張して勃起に悪影響が及んでいる人にとって効果的な対策と言えるかもしれません。ただし飲み過ぎは脳からの神経伝達を悪くします。結果、勃起が起こりにくくなったり射精をすることができなくなったりするため、ほどほどの量に留めましょう。
また勃起薬の血管拡張作用は血流を改善するためアルコールが早くまわってしまいます。さらに血圧が低下するため、お酒が強くない人や低血圧の人は飲酒と勃起薬の併用はやめておくのが賢明な判断といえるでしょう。

勃起薬の効果的な使い方

勃起薬を使用するにあたって押さえておきたいポイントはまだいくつかあります。

  • 効果が消失すれば薬を飲む前の状態に戻る
  • 薬を飲むことによる直接的な根本治療の効果は見込めない
  • 薬があることで自信や不安につながる

以上のポイントを踏まえた上で、うまく勃起薬を使っていくにはどうするのが良いか見ていきましょう。

健康食品やサプリメントなどを組み合わせる

勃起の問題を抱えていて、満足のいくセックスができなくなっている場合、ずっと勃起薬だけでどうにか対処するのはあまりお勧めできません。
先述した薬の効果が消失すれば服用前の状態に戻ることや、薬が直接的に勃起の問題を解決してくれないことが関係しています。根本治療の効果を望むのであれば、体質を変えていくことが大切で、勃起に関わる栄養成分を効率的かつ積極的に摂取すると良いでしょう。健康食品やサプリメントなどの精力剤は非医薬品ですが、長期的に摂り続けていくと、少しずつ勃起に変化が起こってくることが期待できます。

生活習慣の改善に取り組む

過去に行われた調査では、健康食品やサプリメントなどの非医薬品と勃起薬の併用によって、EDが改善する結果も残っています。
ただEDの要因としては偏りのある食事や運動不足、ストレスのほか、タバコを吸っていることなども含まれています。つまり生活習慣が大きく関わっていて、生活習慣が乱れている状態では勃起薬と非医薬品の併用による効果の妨げになってしまう可能性があります。生活習慣の乱れは高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病のリスクを高めます。これらの生活習慣病がEDのリスクを高めることにもつながるため、悪い習慣がある方は改善を試みましょう。

勃起薬は上手く使えば性行為時に満足のいく勃起を得ることができて、次からの自信につながります。
しかし勃起薬だけに頼ることによる、勃起の問題解決をはかる方法は多くの場合、いつまで経っても根本治療につながることがありません。結果、勃起薬なしでは不安で性行為に臨めなくなってしまう状態にもなりかねません。
根本的な解決をめざすためには非医薬品と勃起薬の併用に加え、治療効果を阻害する要素である悪しき生活習慣を正すことを意識しましょう。